注文住宅はどこに依頼する?依頼先ごとの特徴をチェック!

注文住宅はどこに依頼する?依頼先ごとの特徴をチェック!

間取りやデザインあるいは設備などを自由自在に設計できる注文住宅では、建築を依頼する業者を慎重に選ぶ必要があります。
というのも、自分たちの好みやニーズに合った業者を依頼先にしないと、理想的にな住まいの実現が難しくなることもあるからです。
したがって注文住宅の業者選びでは、自分たちの目的や条件と照らし合わせながら、業者ごとの特徴やメリットをしっかりチェックすることが求められます。
そこで代表的な業者として、まず工務店と大手ハウスメーカーの2タイプを知っておくことが肝心。
前者は比較的小規模な業者が多く、そのほとんどが地域に密着していることが大きな特徴。
いわゆる大工さんと呼ばれる職人さんが代々経営しており、工法や設計の自由度が高く、お客様のニーズや条件にもきめ細かく柔軟に対応することが可能です。
その一方で後者は全国展開する大規模な組織力を特徴としており、広告宣伝に力を入れた高い知名度の安心感、自社による資材の大量生産と仕入れによる住宅品質の安定性、広範かつスピーディーな営業力など、様々なメリットがあります。

注文住宅を建てる人が依頼先を選ぶ際のポイント

注文住宅を建てるときは安心して任せられる相手を探しましょう。
依頼先を選ぶ際のポイントは、チームワークを大切にしているか見極めることです。
完成までに多くのスタッフが関わることになりますが、意思の疎通に問題があるとうまく進められません。
業務自体はあくまでも個人が主体となって取り組みますが、仲間たちと協力することで依頼者の満足度を高められます。
また、担当者の人柄も重要なポイントの一つです。
真心を込めて挨拶し、常に笑顔で接客しているなら特に問題はないでしょう。
依頼者の要望から目をそらさず、常に全力で対応し続けてもらえる見込みがあります。
一方、流れ作業的に取り組んでいる場合は注意が必要です。
最初の段階でそうであれば、今後も形式的に進められてしまう可能性があります。
そうなると、自分の要望が十分に反映されないかもしれません。
注文住宅の先行きを見定めるためにも、最初に話したときの印象を大切にするようにしましょう。

著者:野島五男

筆者プロフィール

三重県松阪市生まれ。
結婚し子供ができたことを機に、注文住宅で生活を始めました。
自身の経験をもとにこれから家を建てる人へお役立ち情報を発信しています。