理想の家と生活を具体的にイメージすることが注文住宅で失敗しないコツ

理想の家と生活を具体的にイメージすることが注文住宅で失敗しないコツ

注文住宅は、現実的な生活感のイメージをしてから依頼をしなくてはいけません。
これは、理想だけを押し付けてしまうと生活感が存在しない内装になってしまう可能性も十分に存在するからです。
例えば、注文住宅の失敗例に間取りの取り方が存在します。
間取りを考えて行く時には、本来ならば生活動線などを考えて快適な生活ができるように工夫をする必要があります。
しかし、注文住宅はクライアントが理想的な間取りを要求することができますので現実的な生活感が存在しない状態になってしまう可能性も考えられます。
実際に、紙面上では全く問題がないように見えてもそこで暮らしていくと窮屈な空間になってしまうことも多い現状です。
現実的な生活感をイメージしないと、後からこういった間取りの失敗に気づくこと多くなってしまいます。
ですから、注文住宅では必ず理想と現実のバランスをきちんと理解しながら最善の要求をできるようにしておかなくてはいけません。

注文住宅でよくある失敗には2つのポイントが関係している

注文住宅を利用する場合には、よくある失敗例として2つのポイントが挙げられます。
まず、相談をする業者が間違っているという点です。
業者の選択に間違ってしまうと、サポートや具体的な詳細に関して想定していない方向に行ってしまうことが多くなります。
特に、注文住宅はクライアントから好きな要望を伝えられることができる画期的なものであるため、この条件を満たすことができないとよりよい選択をすることができなくなります。
そのため、業者選択はとても重要です。
そして、間取りに関する注意点も存在します。
注文住宅は、自由に間取りを決めることができますので非現実的なことばかり要望してしまうと、実際の住宅が現実感のない生活空間になってしまいます。
間取りを決めるときには、家族構成をイメージして生活動線を意識しながら考えていかなくてはいけません。
ですから、業者とよく話しながら現実的な空間にまとまるように注意をしていく必要があります。

著者:野島五男

筆者プロフィール

三重県松阪市生まれ。
結婚し子供ができたことを機に、注文住宅で生活を始めました。
自身の経験をもとにこれから家を建てる人へお役立ち情報を発信しています。